office.com/jppipcsetup

www.office.com/jpfppsetup

Microsoft Officeコンポーネント
Microsoft Excelの機能

• さまざまなタイプのデータ(数値、テキスト、日付、通貨、時刻など)を含むテーブルの編集。

• シート全体と各セルの両方に対応する広範な書式設定オプション。

• 他のMicrosoft Officeアプリケーション間でデータをインポートおよびエクスポートします。

• さまざまな基準に従って情報を自動的かつカスタマイズ可能な並べ替え。

• 組み込みのデータ検索。

• あらゆる種類のチャート、グラフ、ヒストグラムを含むグラフィカルオブジェクトの使用。

• 高度な情報セキュリティ。

• プロジェクトのコラボレーション。

Microsoft Wordの機能

• 広範なテキスト形式。 プログラムのツールを使用すると、あらゆるタイプのテキストドキュメントを作成でき、すべての要件と標準に準拠できます。

• 既製のスタイルに加えて、フォント、サイズのサイズを個別に選択したり、斜体、下線付きテストなどで必要な要素を選択したりできます。開発者の公式Webサイトから追加フォントをダウンロードできます。

• オリジナルのワードアートラベルの豊富なライブラリは、通常とは異なる文字や見出しでドキュメントを飾ります。

• 標準パラメーターの両方を使用してテーブルを描画し、必要な行と列の数を手動で設定します。

• Wordの組み込み機能を使用して、ページ上で直接スキームを作成します。

• 自動スペルチェックでは、入力中に間違いを犯すことはできません。

• 多数の無料のレビューツール。

• 他のオフィススイートプログラムとの簡単な相互作用。 そのため、ExcelからスプレッドシートをWordプロジェクトに挿入したり、Outlookを使用して電子メールでファイルを即座に送信したりできます。

Microsoft PowerPointの機能

• 無料の既製テンプレートの大規模なライブラリ。これを使用すると、初心者はすぐにPowerPointに慣れ、数クリックで高品質のスライドショーを取得できます。

• メディアファイルを使用すると、テキストや表だけでなく、特殊な形状、写真、写真、音声、ビデオもスライドに挿入できます。

• 広範な書式設定オプションにより、あらゆる種類のフォント、塗りつぶし、配置方法、段落などを使用してマテリアルのスタイルを設定できます。

• オフィスソフトウェアパッケージの他の製品とやり取りすることにより、エクスポートおよびインポートを通じて情報を簡単に交換できます。

• ページ上のスライドや素材を変更するためのアニメーション効果を適用することにより、プレゼンテーションがよりダイナミックで視聴者にとって興味深いものになります。

• 完成したプロジェクトをデモンストレーションするには、いくつかの方法があります-プロジェクトを画面、モニター、テレビに表示する、またはプログラムから直接印刷する。

• 自動文法チェックは、重要なプロジェクトを準備する際の間違いを避けるのに役立ちます。

Microsoft Outlookの主な機能

• 必要な連絡先をすべてOutlookアドレスまたは電話帳に保存して、他のアプリケーションやデバイス間でデータを自由にエクスポートおよびインポートできるようにします。

• 連絡先に関する情報を保存するためのフィールドの拡張。標準フィールド:名、姓、電子メールアドレス、電話番号などに加えて、独自のフィールドを作成できます。そのような行の数は100に達する可能性があります。

• 便利で機能的なカレンダー。仕事のスケジュールを計画したり、重要な会議やイベントのリマインダーを設定したり、特定の日時に通信を送信するスケジュールを設定したりできます。

• 広範な電子メールオプション。この機能は、レターの作成、送信、受信に限定されません。 Outlookの組み込みテンプレートにより、必要な種類のメールをすばやく作成し、グラフィック要素、添付ファイル内のファイルなどを使用して友人や同僚に送信できます。スパムや不要な受信者に対する信頼性の高い保護により、迷惑な広告と気を散らすメッセージ。

• Outlookの情報保護設定により、特定の情報のコピー、ダウンロード、使用、レターの転送などに追加の制限を設定できます。

• 指定された基準に従って、すべてのフォルダーとその中に含まれる資料の中から必要なデータを即座に検索します。

• ソーシャルネットワークおよびニュースポータルとの同期。これにより、単一の更新フィードを作成できます。

• Microsoft Officeスイートの一部である他のプログラム間でのOutlookデータの無料エクスポートおよびインポート。

コンピュータにダウンロード、インストール、Officeセットアップを行う方法は?

www.office.com/jppipcsetup, office.com/setup, www.office.com/jpfppsetup

Office 365とは何ですか?

地球上で最も多くのプログラミングスイートの中でも傑出したOfficeは、世界中の15億人の人々に使用されています。

2001年に開始されたOffice 365は、マイクロソフトのクラウドベースのメンバーシップモデル形式です。これには、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteなどのアプリケーションが含まれています。同様に、パブリッシャー、プランナー、OneDrive、Exchange、SharePoint、Access、Skype、Yammer、Microsoft Teamsなどのさまざまなアプリケーションを含めることもできます。

マルチクライアントの家族単位、研究、ビジネス、慈善団体、トレーニング施設など、さまざまなオプションが利用できます。

Web上には、Office Onlineとして知られるポータブルなOfficeのフォームがあります。クライアントは、強調表示されたアプリケーションのバリエーションに無料でアクセスできます。

Microsoft Officeは、約30年にわたってPCクライアントを支援してきました。今日、世界中で10億人以上がOfficeアイテムを使用しています。それは、有益で効果的なことを可能にするスマート機器の途方もないスイートに発展しました。詳細については、www.office.com/setupまたはoffice.com/setupをご覧ください。

Office 2019の新機能

Office 2019はOffice 2016に非常に似ています。ただし、Office 2019には、知っておく必要のあるいくつかの更新と変更が含まれています。大きな変更点の1つは、Office 2019がWindows 10を実行しているコンピューターまたはMac(Mac OSの最新バージョンの3つのうちの1つ)を使用している場合にのみ使用できることです。新機能に関して、Office 2019には視覚的な更新がいくつか付属しています。


• 最初に、アイコンと呼ばれるグラフィックの新しいライブラリがあります。このライブラリは自由に使用およびカスタマイズできます。
• また、プロジェクトにインタラクティブな3Dモデルを挿入できます。
• 最後に、インクからシェイプ機能を使用して、図面を標準形状に変換できます。

Word: の新しい学習ツールを使用すると、ドキュメントに永続的な変更を加えることなくテストを読みやすくできます。たとえば、テキストのベース、ページの色、またはテキストを読み上げるための単語を使用できます。完了したら、タブを閉じてドキュメントを元の状態に戻すことができます。

Excel: には、2つの新しいグラフタイプマップとファンネルなど、いくつかの更新もあります。また、セルを強調表示した後に個々のセルの選択を解除できる精密選択などの機能により、ユーザーフレンドリーになりました。

PowerPoint:のより興味深い更新の1つに、より多くの機能があります。これにより、スライド間でオブジェクトを短時間でアニメーション化できます。また、プレゼンテーションを保存する場合は、Power Pointでプレゼンテーションを4K解像度でエクスポートできるようになりました。

コンピュータにダウンロード、インストール、Officeセットアップを行う方法は?

MS Officeセットアップ–オフィスをアクティブにするには、www.office.com/jppipcsetup にアクセスしてプロダクトキーを確認するか、オフィスのダウンロード、インストール、オンラインアクティベーションのテクニカルサポートを入手してください。 オフィスのサブスクリプションをお持ちでない場合は、心配せずにサインインしてダウンロードし、セットアップの手順に従ってください。

Microsoft Officeセットアップ、Office.com/jppipcsetup、Officeプロダクトキーの引き換え

Office.com/jppipcsetup は、さまざまなアプリケーション、サービス、およびサーバーで構成される本格的なスイートです。 Officeを構成するアプリケーションは、最新バージョンのリリースにより更新されます。ただし、PowerPoint、Word、Excelなどの基本的なアプリケーションは、機能が改善されても同じままでした。ユーザーは、自宅または職場のPCの特定の要件に応じて、Officeバージョンを購入できます。 Officeセットアップを購入する前に、次のことを確認してください。


1. システムが特定のOfficeサブスクリプションに必要な仕様を満たしている
2. PCに既にインストールされている他のOfficeセットアップはありません

これらの2つのことを確認したら、ダウンロード、インストール、およびアクティベーションのプロセスに進むことができます。これらのプロセスの手順は次のとおりです。

Microsoft Officeセットアップのダウンロード

Microsoft Officeは、オフラインおよびオンラインでダウンロードできます。ダウンロードするには、以下の手順に従ってください。

オンライン

1. office.com/setup でOfficeアカウントにサインインします
2. プロダクトキーの入力を求められます
3. そのキーを入力して、Enterキーを押します
4. ただし、新しいユーザーの場合は、[アカウントの作成]をクリックして新しいアカウントを作成します 5. 必要な詳細を入力してサインアップします 6. 次に、Officeサブスクリプションのリストから、サブスクリプションを選択します 7. [ダウンロード]をクリックして、プロセスが完了するまで待ちます

オフライン

1. システムのCD / DVDドライブにOffice CDを挿入します
2. 画面の指示に従って製品をダウンロードします

前者の場合、アクティベーション時に登録済みの電子メールIDで要求されるOfficeプロダクトキーを取得します。オフラインで購入する場合は、CDと一緒にプロダクトキーを取得します。このキーを安全に保管してください!

Officeセットアップのインストール

Windowsの場合

1. ダウンロードフォルダにあるダウンロードしたOfficeセットアップをダブルクリックします
2. プロンプト画面で[はい]をクリックします
3. インストールが完了するまで待ちます
4. [閉じる]をクリックしてウィンドウを閉じます

Mac用
1. Office Setup 365がデバイスにダウンロードされたら、MacのDockから青い顔の形のアプリ、Finderを開きます
2. Officeセットアップをダブルクリックして、インストールを開始します
3. [続行]を2回クリックします
4. [同意する]、[続行]の順にクリックします
5. ここで、[インストール]をクリックしてMacパスワードを入力します
6. [閉じる]をクリックしてウィンドウを閉じます

Officeセットアップのアクティブ化
1. Officeアプリケーションのいずれかを開くと、Officeアクティベーションウィザードが表示されます。
2. office.com/jppipcsetupプロダクトキーを入力します
3. さらに指示に従って、Office製品をアクティブ化します。

Officeセットアップのアンインストール

Officeセットアップのアンインストールは、インストールの種類に完全に依存します。他の人がOfficeセットアップをインストールした場合、次の手順に従ってインストールの種類を知る必要があります。ユーザーが使用するインストールには2つのタイプがあります。

• MSI:Microsoft Windowsインストーラーは、ローカルインストールリソースを介してOfficeセットアップをインストールする古い方法です
• クイック実行:インターネット経由でOfficeをインストールおよび更新する最新の方法です。既定では、Officeの最新バージョンと、この方法でのみインストールされたOffice製品の1回限りの購入の大部分が含まれます。

インストールタイプを確認するには、次の手順を実行します。


• Officeアプリケーションを開きます
• ファイルを開く–アカウントまたはwww.office.com/myaccount
• 利用可能な「更新オプション」がある場合は、クイック実行インストールを使用してセットアップをインストールしたことを意味します
• オプションが利用できない場合は、MSIタイプのインストールに進みます

クイック実行の場合、Officeセットアップを削除またはアンインストールする前に、管理者アカウントでWindowsアカウントにログインしてください。次に、次の手順を実行します。

1. Windowsインストーラーパッケージを削除する
2. Officeのスケジュールされたタスクを削除する
3. タスクマネージャーを使用して、クイック実行タスクを終了する
4. Officeサービスを削除します
5. 次に、Officeファイルを削除します
6. Officeレジストリサブキーを削除する
7. 次に、スタートメニューのショートカットを削除します
8. Officeクイック実行ライセンスコンポーネント、拡張性コンポーネント、およびローカリゼーションコンポーネントをアンインストールします

MSIタイプのインストールの場合、Officeセットアップのアンインストールに進む前に、すべての隠しフォルダーとファイルを再表示してください。次に、次の手順を実行します。


1. Officeの残りのWindowsインストーラーパッケージを削除する
2. Office Source Engineサービスを停止します
3. Officeインストールフォルダーとファイルを削除する
4.次に、Officeシステムのレジストリサブキーを削除します

Officeセットアップの再インストール

office.com/jpfppsetup を別のPCに移動する必要がある場合があります。この場合、前述のアンインストール手順に従ってOfficeセットアップをアンインストールし、次の手順に従って新しいデバイスに再インストールします。

1. 新しいデバイスを起動します
2. www.office.com/jpfppsetup にアクセスして、Officeアカウントにログインします
3. 古いPCで使用していた購入済みのサブスクリプションをダウンロードします
4. ここで、セットアップをインストールし、古い製品kを入力します

免責事項

office-com-jppipcsetup.comは、Office製品の知識ベースのWebポータルです。 Microsoftの名前、ロゴ、商標、および製品画像の使用は、参照のみを目的としており、OfficeセットアップにMicrosoftとのビジネス上の関係があることを示唆するものではありません。 Microsoftの商標、名前、ロゴ、および画像は、それぞれの所有者の財産です。 Officeセットアップは、このような条件での所有権を放棄します。

Testimonials

Get in touch

LATEST POST

www.office.com/jppipcsetup